付属品は揃えて売ることが大事!

付属品の有無で買取価格は大きく変わる?

ブランド品を売るなら一円でも高く買取ってもらいたいものですよね。査定をする時、第一に品物そのものの状態が重要となっています。そしてそれ以外にも付属品の有無が査定の重要なポイントになるのです。付属品とは、『品物が入っていた箱』、『保存袋』、『ギャランティーカード(保証書)』、『時計のブレスレットのコマ』などのことをいいます。また、『購入時のレシート』も付属品とみなして査定の対象とする買取店もあります。これらの付属品が揃っていないと買取価格は大きく下がる場合があり、特に『ギャランティーカード(保証書)』は重要で、これがない場合は買取不可となってしまう場合もあります。付属品は購入後も大切に保管することが大事です。

ギャランティーカードは買取には必須

ギャランティーカードは正規店でしか貰えないし、並行輸入店では基本的には発行されません。つまりギャランティーカードがあるということは正規店で購入した証明ということになります。中古品を購入する人は、ギャランティーカードの有無を重要視します。中古品であっても本物であることが証明されること、購入後にブランドの正規の修理・修繕といったアフターサービスを受けられるからです。
ギャランティーカードが無いからといって必ずしも買取不可になることはありませんが、精巧な作りで本物と区別が付きにくいコピー商品が大量にあるような商品の場合はギャランティーカードがなければ買取ってもらえません。たとえ保証期間が過ぎていてもギャランティーカードが不要になるということはありません。

金買取は、純金製の記念硬貨やインゴット、金杯などの他、店舗によってはジュエリーなども対象となることがあります。

© Copyright Got Brand Purchasing. All Rights Reserved.